新興企業市場の種類とベンチャー企業の関係

前の記事の中で話した新興企業市場は、様々な種類の市場により運営されていると言うことでした。
そこで今回は、その新興企業市場の種類についてを解説していきますので、参考にしてみてください。
ベンチャー企業は、まず、必要となった資金を集めるのに「有価証券」を発行します。
そして、株主に買ってもらいます。
■株式の基本的なところですが、この有価証券を買うには、有価証券を扱っている所で受付をしなければなりません。
それと新興企業市場にもいくつかの種類があります。
『新興企業市場』代表的な五つの新興企業市場があります。
<その五つの新興企業市場について>東京証券取引所では、「マザーズ」となっています。
大阪証券取引所では、「ヘラクレス」となっています。
名古屋証券取引所では、「セントレックス」となっています。
札幌証券取引所では、「アンビシャス」となっています。
福岡証券取引所では、「Q-BOARD」となっています。
これらのものが国内にあるベンチャー企業向けの取引市場になります。
そして国内で最も有名な取引市場は、東京証券取引所(東証)の「マザーズ」になります。
その次いで有名なのが大阪証券取引所、「ヘラクレス」になります。
更にその次は、名古屋証券取引所「セントレックス」になります。
※「新興企業を、母のように育てます!!」以上が新興企業市場の種類になります。
なんとなく、分かりずらいという方の為に、次回はもう少しこの「マザーズ」を追って説明していきますね。
ネット証券手数料比較!初心者おすすめランキング【口座開設】