国民年金保険料には免除制度もある?

国民年金保険料・・・ある程度の年齢のかたであればどなたでもご存じですね。
自営業のかたは、ずっと国民年金保険料を各自で支払い続けなくてはなりませんから、厚生年金のかたよりは詳しいのではないかと思います。
国民年金保険料というのは、簡単に言ってしまえば「国民年金制度を維持するため、原則として20歳以上、60歳未満の国民が支払うべき保険料のこと」を言います。
これを支払うのは国民の義務とされていますが、実際に直接保険料を支払っているのは、「第一号被保険者」に区分される人たちなのです。
第一号被保険者というのは、一般的には、自営業者や学生、フリーター、無職のかた、そして厚生年金に加入していない会社に勤めている正社員のかたやパート労働者などが挙げられると思います。
そして、この国民年金保険料というのは、年々、少しずつですが支払う額が上がっています。
まして、無職のかたにとっては、国民年金保険料は大変大きな出費となっているようです。
そのため、第一号被保険者の場合、保険料を自ら支払う義務があるにせよ、所得が非常に少なく、支払いができないというかたがたのために国民年金保険料の免除制度も設けられています。