光回線の料金を節約したいならどうすればいい?

日本のインターネット環境は諸外国と少々異なるようで、キャリア(回線業者)とプロバイダー(接続業者)が別途契約になっています。
海外では、キャリアとプロバイダーはセットになっている場合が多く、日本の携帯電話業界を観れば理解しやすいと思います。
固定回線のインターネットでは、プロバイダーの多くは月額利用料金は一律な場合が多いので、この部分は節約できません。
となると、節約できる要素は回線利用料金です。
つまり、光回線のフレッツ光の場合、月額料金が一定なギガフレッツやフレッツ光ネクストなどではなく、2段階定額制のフレッツ光ライトを選択するしか方法はありません。
月々の使用料が200MB以下なら月額利用料は2.
200円で、それ以上は1.
200MBまでは従量制となり1.
200MBを超えた分からは上限5.
200円でそれ以上は課金されないシステムになっています。
NTT東日本フレッツ光速度が出ないときは?原因を紹介【まずは確認】