主婦でも持てるカードローンは?

通常借金をするとその人の収入の範囲内で融資限度額を決めますが、最近の銀行では無収入の主婦に対してもカードローンの契約をさせている場合があります。
貸金業法の規制がある消費者金融ではできませんが、旦那の収入をある程度あてにできれば融資をすることは可能です。
特に旦那の給与振込口座がその銀行であれば、問題なく融資が可能です。
本来旦那名義でカードローンを作った方が、融資条件もいいのですが、旦那に黙って資金を調達したいケースもあります。
このような場合は別名義にした方が都合よくなるのです。
当然融資条件は悪くなりますから、限度額は低くなり、利率は高くなります。
しかし、必要なときだけ借りるという事を徹底すれば悪い話ではないのです。
銀行カードローンメリットデメリットは?【おすすめなのは?】