不況続きで大学生の就職活動も困難を極めていると言われています。納得のいく就職活動をするには、何をすればいいものでしょう。経済情勢の悪化で就職が苦しいとはいうものの、中途採用と比較すれば大学生や高校生の働き口は、かつては見つけようがありました。しかし最近では、そうもいかなくなっています。この頃は大学生の就職活動も厳しさを増しており、求人倍率も低い中、苦しい就職活動が強いられているのが実情です。

就職活動をしている多くの学生が、今の社会でやりがいのある仕事を見つけ、採用されるまでに至るかを模索しているといえるでしょう。新卒者の就職活動が成功するように、積極的に支援をしている大学も多くあります。面接指導やエントリーシート作成のサポートなどです。実際問題として、入りたい会社の狭き門を通るのは相当に難しいのが現状です。新規採用での採用は、中途採用者のようにこれまで培ったスキルで勝負することができるものではありません。

会社側としても、新人として最初の一歩から教えていく必要があります。大学生を採用して、仕事を任せる人材にまで育てるには時間も費用もかかりすので、今のような企業側の余裕がない時は、難しい点もあるのでしょう。大学生の就職活動は、その人の今後の方向性を定める上で影響の大きなものです。求人の厳しさ、就職の困難さはこれからも続きます。大学生が就職活動で希望する職業につくためには、早い段階からの取り組みや熱心な活動が重要になってくるといえるでしょう。

関連ページ